おすすめ記事(スクロールできます)



仕事をしていない無職期間は何をすべきなのか?

 

 

会社とか辞めてバイトもせずに、まぁそれでも

実家暮らしとかで、特に生活にも困らずに

暇な時間を、しばらくもてあます人も中にはいるだろうとも思うし

そういう時には、ただ単に家で、のほほんとするよりも

一応なにかしなければならない、と思うだろう。

 

 

再就職するなり、なにかしら、またどこかで働く気があるのであれば。

 

 

 

そういう時には、なにか資格をとろうかと思い

資格の勉強をしようとか思うのかもしれないが

はっきり言って、一度学生辞めて、社会に出たら

資格なんてのは、普通自動車免許以外なんの役にもたたないので

あんまり意味がない、と実感した。

 

 

(まぁそれでも私は経理関係の資格をとっちゃいましたが、

特に役にはたっていない。

そして今後役に立つ予定も無い。)

 

 

 

なんというか、そういった資格の勉強よりも

図書館に行って、興味のある本を乱読していた方が

絶対にいいな、と思った。

 

 

世の中の知識が無駄に増える。

世の中には、こんな仕組みや考え方があったのかと気付かされて

今後、自分がどのように生きていけばいいのか、の目的の形成に

役立つと思った。

 

 

 

まぁしかし、何よりも面白いからですかね、人の経験談とか読むと。

 

 

私は図書館とかで、小難しい学術書よりも

人の経験談とか書かれて本を、目に付いた物であれば

まとめて何冊か一気に借りてきたりしましたね。

 

 

なにかしら、どこどこへ旅行に行った話だとか

ブラック企業に勤めた人の経験談だとか、

あとは、なんかいろいろあって民事訴訟起こしてみた人の話だとか

そういうノンフィクション物を読んでいると

へぇ~、いざという時には、こういう場合は、こうすればいいんだとか、

なんか知ってしまい、得した気分というか、

やっぱ知っているのと知らないのでは差があるんじゃないか、、、とか

思わされた。

 

 

熟読する必要は無い、適当に読みたいとこチラチラと読めば

それでも十分に良い、と思う。

 

 

 

ああ、あと必要なのは癒やし、ですかね。

 

 

求職中って心がすさんでしまう人が多いですので

なんか、アレですよ、

子供向けの絵本とか読んだ方がいい、と思う。

 

 

童心にまで帰れ、とは言わないが、

意外と最近のでも、昔のでもそうだが、絵本って言うのは

奥が深い。

 

 

著者がなにを読者に簡単な物語を通じて

語りたいのかを、なんとなくでいいから察してあげましょう。

しみじみときます。

 

 

それに何よりも、ほがらかな絵にいやされる。

それにストーリーも、私は動物同士でなんか仲良くやっている

感じのが好きですかね。

 

 

 

世間が自分に冷たいから、と自分が人に対しても

冷たくなってしまうと

まわりの人が余計に離れていきますので、

自分の冷え切って固まってしまった心を

自分でほぐしてあげる必要がある。

 

 

自分の心の管理は自分で適度におこなわないと。

 

 

 

SH


ひまつぶしで脳を鍛える大人の落書き帳

 

 

 

<関連する記事>

 

ブログで稼ぐは完全に無理ゲーか?いや違うが、しかし

 

会社突然バックレて湖を見に行った時の話

 

 

 

<無職 無職期間 退職 勉強 資格 読書 求人 求職 期間>