営業の手法は、単純で良い、それで良い

 

 

とある営業のやり方に関する本があったのであるが

本のレビューで、あまりにもやり方が幼いとか人をなめている

とか書かれていたのであるが、、、、、

 

 

私としては、ちょうどちょっと幼稚なくらいな方が

良いのではないか?と思いますよ。

営業の仕方、販売の仕方でも何でも。

 

 

最近何ごともちょっと難しすぎる。

 

 

 

なんか意味の分からないことを得意先やまたは

販売で店頭で客に商品だかの説明をするにしても

難しい説明、あまりにも詳細なきめこまやかな説明とか

なんか裏で考えている説明をされた方が、なんかイラつくというか

真面目にモノを売るきないな~コイツ、とか思ってしまうことも

多いと思う。

 

 

ペラペラ、営業マンだか、販売員だかがしゃべって説明して

それでなんかコッチのこと考えずに、話した自分だけが

美味く話せたよかったよかったと満足しているだけではないか?とか思う。

 

 

またむこうが聞きに徹するにしても、あいづちがなんかコッチを

小馬鹿にしているような感じで腹が立つときもある。

 

 

 

・・・・ならば、単純明快に誰にでも分かりやすく

サックリと話して売った方がよくないか、この商品私食べてみましたが、

使ってみましたが、、、良い商品だと思いました。

どこどこが、、、と。

 

 

心理戦だとか、うまく話し合える環境をこちらから作っていこうとか

そういうのはいいんですよ。

 

 

 

なんというかね、、、、一般の客って言うのは

とにかく分かりやすいのを好むのですよ。

 

 

まぁあまりにも単純な説明だと、むっ?とくる客だっていますよ、

なんていい加減なんだ、コイツは、なんでいまさらこんな基本的な単純な説明を、、、

とか思う奴はいるが、、、

 

 

それでも、それくらいでちょうどいいんですよ。

 

 

なぜなら大抵の大人って言うのは、どんなに賢そうに振る舞っていても

精神年齢が高校時代とかでとまっていますので、

まぁその頃から社会に出て多少なりとも揉まれて

余計な偏った知識がついただけですので、(あとずるがしこくなった)

根本的な考え方自体は

意外と変わっていないのですよ。

 

 

・・・それに人間って言うのは、歳をとるとともに

だんだんと、、、まぁ20代30代は、まだ忍耐力とかありますが、

それ以上になるとだんだん我慢力がなくなってきて

人として幼稚になっていくんですよねぇ・・・

 

 

 

だから、ちょうどいいのですよ、、、フッ!

 

 

 

 

<営業 単純 幼稚 稚拙>