おすすめ記事(スクロールできます)



隣家の枝が折れて車の上に落ちて訴えた話

枝

 

 

海外のどこぞの話。

ある日、とある家から伸びていた木の枝が

バキッと折れて

隣の家にある高級車の上に落下。

ゴトンと落ちて、車の上部外装にキズがついてしまった。

 

 

つまり、

お隣さんは、普通に、自分の家の敷地内に

自分の車を駐車していたら

木の所有者の家から、自分とこの敷地内まで入って伸びていた

木の枝が、自然に折れて落ちてきた、、、ということです。

(・・・枝が枯れていて、風でも吹いたのか、はたまた鳥か)

 

 

別に木の所有者自身が

切り落としたわけでもなく

自然に折れて落ちてきたのだから、

一見、

木の所有者には責任は無いかも?、、、とか

思ってしまうかもしれないが、

そんなことはなかった。

 

 

被害者である、隣の高級車の持ち主自身には

まったく落ち度が無さそうであったので、

(当然だ・・・ただ自分の敷地内に自分の車をとめていただけだし、、、

けれども一応、相手に責任を追及する前に検討しないといけない)

その上で、

木の所有者が“何もしていなかった”こと自体に

責任があるとされた。

まぁな~

 

 

木の所有者は、当然、木ひいては、枝の管理責任が

日頃からあった、ということ。

お隣さんの家の敷地内に入るまで、枝を伸びていて、

それを放置しておくのは良くないですよね。

たとえ、車の上に伸びた枝が落ちたこと自体は

自然の成り行きでも、

伸びてりゃ、いつかはなんらかの原因で落ちることは予見できたはずだ。

 

 

ということで

訴えられた木の所有者は、損害賠償金15万円ほど

高級車の持ち主に払うこととなった。

まぁホント、車のキズの修復代だけってところですかね。

もちろん0円よりかはマシですが。

 

 

しかし簡単に、

木の所有者の、木ないし枝の管理がアカンかったから

当然賠償することとなった、とか書きましたが

実際には結構めんどうな裁判となったみたいで。

 

 

その裁判の中では

木の専門家まで、わざわざ呼ばれて

枝が落ちた木の状態が、当時、どんなもんだったかまで

調べられて、意見を述べることとなったとか。

 

 

「 もともと、この木は、枝が折れやすい種類の木ですね。

しかも、木自体も、大分、古くなっている。

これを放置しておくのは良くないですよねぇ~。

下を通ったりする人が~・・・ 」

、、、とか、述べていったらしい。

 

 

まぁこういった揉め事自体は、

国内でも、あり得そうなモノなのですが。

裁判までいくかどうかは別として。

 

 

まぁ、でも、大体どこの家も、木の枝はまめに

キレイにカットして

伸び放題にしているところは見かけませんが。

 

 

 

頭皮ストレスをなくすと髪がどんどん増えてくる

 

 

それはもう、枝のように、ドンドンとね。

 

 

 

 


東京堂 造花 ひめ桜バイン ピンク 花径 約3~4×長さ 約77cm アーティフィシャルフラワー FM001720

 

 

 

<枝 落下 車 放置 裁判 訴訟 賠償 損害賠償 傷 ボディ 隣人 隣の家 近所 人間関係 海外 外国 自動車 木 鑑定 古木 過失 賠償額 賠償金 車体 塗装 外装 キズ 凹み>