横断歩道は、左右の車が止まるのを確認してから渡ろう

 

 

この前、横断歩道を渡ろうとした時に

もう少しで車にはねられるところだったことがありました~

 

 

信号機の無い横断歩道を渡ろうとして

左側からきた車が止まってくれたので

ありがたい・・・今のうちにと思い渡ろうとしたら

逆側の右側から来た車が、私のことが見えていても

まったく止まる気がない感じでツッコんできた(笑)

 

 

一応、歩道前に歩行者がいたら止まれ!みたいな標識が

道路左右両側にあるんですけどねぇ・・・

知ったことでは無いか、運転者には。

 

 

 

どんな感じだったのかというと

左側の車が

「ハイ、どうぞ」と言った感じでちゃんと止まってくれたので

グダグダしていたら「渡る気がないのか?」と思われて

また動き出そうとする前に早く渡らなきゃ~、と思って急いで渡ろうとして、

一応、右側も念のためにチラリと確認をしておいたら、、、、(しておいて良かった)

 

 

右側から猛スピードの車がやってきたので、

反射的に「これは止まる気がないな!」と感じて

横断歩道上でササッと引きかえしたら

 

(まだ歩道半ばまで渡っていなかったので、ひきかえした)

 

私の体、スレスレでスピードゆるめずに、ビュン!と通っていった。。。

ひぇ・・・

 

 

車の運転手の顔を、ちょっと見えたのだが、若い女性だった。

これは、、、、肝が冷えたなぁ、紙一重。

 

 

 

これはやはり歩行者側が、気をつけなければいけない・・・と思った。

運転手側に、きっと止まってくれるだろうと期待してはいけない。

 

 

左右から来る車がちゃんと、両方止まるのを確認して、渡らなければならない。

または先に行かせてあげよう、待つことも大事。

 

 

 

どちらか一方の車が止まったからといって、

もう一方の反対側の車が、それにあわせて、わざわざ止まってくれる保証なんてない。

 

横断歩道では必ず車が止まってくれるとも限らないのだ。

 

スピード出している車はわざわざ止まるのが面倒なのか、

止まる気が無い、ということを、あらためて確認することができた。

 

 

 

はねられて怪我とか、そんな嫌な思いなんてしたくないし、

あの車なら私をはねたとしても

そのまま、まともに確認もせずに逃げていってしまうだろう(笑)

 

 

 

とにかく、横断歩道では左右どちらか一方の車がとまったからといって

その車に気を使って「早く渡ってあげよう」なんて思わないことだな。

 

 

渡る気がない?と思われて

先にその車を行かせてしまうくらいで良いのだ、うん、

そのくらいの心持ちでかまわない。

 

とにかく両側の車がきちんと止まるか

左右両方から車が来ていないことを

しっかり確認できるまでは絶対に歩道は渡ってはいけない。

 

 

「歩道に人がいるんだし、きっと必ず車は止まってくれるだろう!」と

タカをくくったり、期待をしてはいけなかった。

 

 

 

普通に考えれば、自分が

今まで事故にあったことがないからといって

今日この瞬間にあわないという保証なんてなかった、、、、、、

ということをしっかり認識すべきでした。

 

 

今までが運が良かっただけ、ということ。

 

 

 

 

SH

 

 

<関連する記事>

 

横断歩道を挙手せず渡ったら違反か?

 

迷惑な道路横断したら職場に報告される法律

 

 

 

<横断歩道 左右確認 横断 自動車 安全確認 交通事故 目視>