チーズを預けてお金を借りれる話

チーズ

 

 

海外のどこぞのチーズの名産地では、

ピザとか作るためにチーズが大量に作られているらしいが、

その地域としても地元の名物であるチーズの製造を助けるためなのか、

チーズの製造工場で作られたチーズを

地元の銀行だかに預けることで、

その分のお金を借りることが出来るらしい。

 

 

つまり、どういうことかというと、

チーズを工場が製造するのであるが、そのチーズを

なんか知らんが商品として売り出すためには

2年間ほど熟成させるために寝かせないといけないらしい。

 

 

そうすると、商品として売りに出して、金に換えて、

手元に帰ってくるまでに、2年という長期間もかかってしまう、ことになる。

 

 

じゃあ、その間、どうやってチーズ工場を維持するのであろうか?

運転資金も無いのに?

 

 

、、、、ということで、銀行が、工場が製造して

2年ほど熟成させるため寝かせないといけないチーズを預かって、

その預かった分のお金を、工場側に、すぐに貸してくれるのである。

 

 

で、2年後、チーズが商品として完成して、売りに出されて、換金されれば、

銀行は、その売上金から、工場に貸し付けた金を綺麗に返してもらえるというわけだ。

 

 

まぁもしも、

完成したチーズが、予想よりも売れそうになければ、

貸した分の金を工場側が満足に払えないことになるので、

とりあえず銀行に預けてある分のチーズは没収されて、

銀行側が、なんかかんかして、そのチーズを売ることになるのだそうな。

そう聞いたんだが。

 

 

一応、チーズを預けてもらった時には、しっかり査定して、

いくらぐらいで売れそうかは、銀行側が調べて、それに見合った金を

工場側に貸すらしいので、あんまり無いことだとは思うのですが。

 

 

まぁ、別にチーズに限った話では無くて、

他に地域でもワインとかでも同じような感じで

金貸したりしているみたいですし、よくあることみたいですね。

 

 

それにお金を工場に貸す際には、低金利で貸すみたいですし、

やはり地元の産業が廃れないように気を配っていると言うことか。

そこの地域自体が。

 

 

なにやら海外とかの名産地では、このように、

なにかしらの製造した動産を担保に、借金して、

将来その動産が売れたら、返済、という感じで、

地元の製造業を保護して上手くやっているところが

あるみたいですが、国内ではどうなのか?

 

 

こういう感じで、貸し付けしている銀行とかってあるんですかねぇ?

やっぱり担保にして、借金させてくれるのは、不動産だけなのか?

 

 

江戸時代は、米を預けて金借りれたんじゃないのか?

今では、動産を担保にするのは信用が無いのかねぇ。

必ず売れて回収できるともかぎらないからか?

 

 

 

 

 

 

<現金化 製造業 工場 商品 チーズ 海外 外国 担保 債権 回収 価値 貯蔵 熟成 寝かす 銀行 借金 返済 保管 人件費 管理費 運転資金 借金 信用 融資   商品 販売 売り上げ 食品 食料 食糧 ワイン 特産品 工業>