おすすめ記事



牛乳は沸騰させずに沸騰する温度以上で加熱殺菌する

飲もうぜ

 

 

牛乳、、、

つまるところ、牛から、しぼり取った乳は

そのままだと、

なにかしらのバイキンが含まれているらしいので

飲めないんだとか。

 

 

なので、人が安全に飲めるようにするために

当然、殺菌とかしているらしいですねぇ~

まぁ、そりゃそうだろうなぁ、フフフフ

 

 

けれども以前、なんかの動画で

変なヤツが、牛の乳房に、直接、口を付けて

ジュルジュルと上手そうに吸って飲んでいて

「生乳うめぇ~」とか言っていたのを見たことあるんだが・・・

そんなことは、今は関係ない!

 

 

で、話は戻り

どうやら殺菌方法としては、

加熱して殺菌するらしいのですが

大体、日本国内で売られている

そこらへんの店頭とかで見かける牛乳は

100度をさらに超える、

120~150度くらいの“超”高温で

数秒間だけ殺菌する方法でやっているらしい・・・

 

 

ここで、ちょっと疑問があるでしょう?

「100度を超えたら

それもう牛乳はフットウするんじゃねぇのか?」

とか思うのでは?

 

 

牛乳のフットウする温度も、大体、水と同じ

100度付近ですからねぇ~

 

 

しかし、どうやら牛乳をフットウさせずに

先ほども言った超高温で

殺菌することができるんだとか。

どうやって?

 

 

ナマハンカな知識で済まないが、

どうやら牛乳を

100度以上の超高温で殺菌するための容器内を

完全に密閉することにより、

牛乳がフットウして

蒸気になって逃げていきそうになっても、

密閉されていますから

牛乳はフットウできないので

牛乳はそのままの液体の状態で

フットウする温度を超える

高い温度で

加熱殺菌できるのだとか、なんとか。

 

 

しかも、そのような超高温で加熱殺菌しても

牛乳にそもそも含まれている

栄養とかは失われないんだとか、なんとか。。。

 

 

・・・とにかく、そういうことらしいです、

やったぜ!

 

 

 

 

<牛乳 沸騰 沸点 加熱 殺菌 密閉 圧力鍋>