おすすめ記事(スクロールできます)



日光を遮るのであればコチラもやり返す話

サン

 

 

どこぞの海外の話。

 

 

隣の家との境目付近に

「まぁここも一応、自分の家の庭なので~」という感じで

隣の家の同意なんてとらずに

そこに高い木を植えてしまい

隣の家への日光を遮ってしまった家があった。

 

 

日光を遮られた隣の家の人は

木を植えた人を訴えて

裁判にかけた。

 

 

「私の家への日光を遮断している木を除去するなり、なんなりしろ!」

と主張した。

 

 

しかし、その訴えは、なかなか裁判では認められることはなかった。

 

 

なので、「チクショウ!・・・ならばコッチも!」と思ったのであろう、

その隣の家の人も、自分の家の庭の

高い木を植えてきた家との境目付近に

高い壁を作った!

 

 

このことによって、高い木を植えてきた人の家への日光も

無事に遮断される・・・

これでお互い様だ。

 

 

しかし、案の定?なのか、

最初に高い木を植えてきた人から「壁を除去しろ!」と

訴えてきた。

今度は逆だな。

 

 

けれども、この訴えも、なかなか裁判では認められることはなかった。。。

 

 

つまり、嫌なことを相手にやったら、自分も同じようにやり返されるので

やめときましょう、ということ。

 

 

 

まぁ国内においても、なかなか十分に日照がど~の、という裁判で

障害となっているモノを除去するなり

相手への賠償請求などは認められにくいですよね。

 

 

( たんに裁判所が隣人関係のことにまで

あんまり関わりたくない、というスタンスを

とっているだけなのかもしれませんが、笑 )

 

 

特に、日光を遮断している障害となっているモノの

除去を求めるのはハードルが高い。

これは簡単に認められてしまうと、

除去する相手方に、かなりの費用的な負担がかかるので

裁判所が、なかなか認めないんだとか。

日光程度で、そこまで負担させることはできない。

 

 

賠償請求についても、そもそも日光が遮られることで

どのくらいの被害や損害が出ているのか

具体的に把握しづらい。

金銭的に、いくらくらいの損害が出ているのか?

 

 

つまり、被害者の主観的な感覚的なモノではなくて

誰が見ても分かるような具体的な被害は出ているのか?

というところが、重要な部分になるのだろう。

 

 

 

 

 

 

<日光 近所付き合い 近所 隣人 仕返し やり返す 裁判 訴訟 日照権 隣の家 隣人関係 遮蔽物 遮蔽 妨害>