江戸時代は、人だけでなく“トリ”も島流しの刑になった?

 

 

その昔、すごく動物好きな、偉いお殿様がいました。

 

その、お殿様は、犬・猫はもちろんのこと

鳥さんのこともすごく大切にしようと思いました。

 

なので、ある日、

「 鳥のことも、全員みんなで、すごく大切に扱いましょう! 」

というお触れ(法律)を出しました。

 

そのお触れが出されて以降、

鳥を銃で撃って、それを売ったりしていた人達を

関係者も含めて何人も切腹させ、その上

そいつらの子供も全員、島流しにしたり、、、、

 

さらには、鳥(ツバメ)の内臓が病に効く、と聞いて

自分の病気の子供のために、鳥を狩ってきた親を

その病気の子供とともに処刑したりと、

大切な鳥をいじめる奴らを片っ端から、がんばって処罰していきました。

 

 

そして、その巧が奏じたのか、いつのまにか

町の中や、その周辺で

誰も鳥をいじめようとする悪い奴らは、ほとんどいなくなりました。

 

そして、鳥たちは、以前よりもさらに

悠々自適に飛び回って安全に暮らせるようになったので

町の中は鳥の巣だらけになり

鳥の数は、ものすごく増えました。

お殿様の考えた御触れによって、鳥社会の平和は守られたのです。

 

 

しかし、鳥があまりにも増えすぎたため

さすがに鳥たちを優遇しすぎたことに気づき

鳥は以前と変わらずに、いじめてはいけないままだけども

「 町の中で、できた鳥の巣であれば、破壊、または撤去してもいい 」

ということになりました。

 

けれども、その鳥の巣のなかに、鳥の卵があれば

その卵は壊してはダメで、大切に保護しなさい、と付け加えられました(笑)

大切な次世代の鳥たちの小さな命ですからねぇ。

それはもぉ大切にしないと。。。

 

 

そうこうしている内に、いつのまにか秋になり、

綺麗に紅葉している山に

そのお殿様は気分転換に紅葉狩りに出かけました。

 

その際に、自分が今まで、

悪人どもから大切に守って保護してきた鳥に

頭から糞(フン)をベショリとかけられてしまいました。

鳥からの素敵なお礼でした。

 

そして、お殿様は

「 今まであれだけ大切に保護してやったのに~

この恩知らず共め! 」

と、鳥たちに対してキレてしまい

その出来事以降、

町の中で鳥達が、我が物顔ではしゃいでいたりしたら

積極的に捕らえるようになり、捕まえた鳥は牢屋、、、つまり

鳥小屋に監禁するようになってしまいました。

( ここまできても、まだ鳥は殺したりしていじめたらダメ・・・ )

 

 

そして、その牢屋という名の鳥小屋に入れられた鳥たちを

運搬の用の鳥カゴに移して、

そのカゴに

上から外の様子が見えないように黒い布をかぶせて

そのまま日本から離れた孤島まで船にのせて運んでいった。

 

つまり、町中で捕まえられた鳥達は、

みんな島流しの刑(流罪)になったのでした。

 

そして、島でおろされた鳥達は、そこで、カゴから解放された。

この島で今後、慎ましく暮らしていきなさい、ということ。

 

しかし、鳥達が、そのまま大人しく刑に服する

なんてことはするはずがなく

解放された瞬間にバサバサと、みんな飛んでいき

また元の、お殿様のいる町へと戻っていくのであった。。。

 

一体、なにしに、わざわざ連れてきたんだ?

それと、運送中のカゴに布とかかけても、鳥達には全く意味は無かった。

チャンチャン。

 

 

この話の1番怖いところは、

結構ガチで、話の内容の大部分が実話だと言うところ・・・

 

 

 

 

SH

 

 

 

 

<江戸時代 鳥 動物 愛護 島流し>