おすすめ記事(スクロールできます)



ビーバーにダムの建設を中止するよう命じた話

ビバだむ

 

 

ビーバーとかいう動物を知っているだろうか?

彼らは、川の流れを、せき止めるためのダムを作るのである。

 

 

どのようにして作るのか?

川辺のまわりに生えている木や、その枝をガジガジと、かじりまくって

切り倒しまくって、それらを泳ぎが得意なビーバー達が

スイースイーと、口に材木をくわえて

ひとつひとつ川の中においていくのである。

 

 

これをひたすら繰り返していき

大きくて幅100mくらいの川の

水をせきとめてしまうのである。

 

 

なんで、こんなことをするのか?

川の水を、せきとめて、水の流れを止めて

池みたいな感じのところをつくり、

そこに自分のスミカである巣をつくるのである。

 

 

池に浮かぶ孤島みたいな感じの巣である。

そのように巣を作れば、陸地をはう外敵から

身を守ることができるのである。

 

 

また、そのブィーブァーの作った池には

水鳥とかが、やってきて

それらの憩いの場になったりもするのである。

水草も生い茂り、エサも豊富。

 

 

・・・なんか、こういうことを聞くと

ブィーブァーがダムを作ることが、

とても良いことのように聞こえるが、、、、

 

 

一方、人間にとっては、、、、

 

 

ブィーブァーがダムを作ることによって

川の水が、せきとめられて

川のむこうにある農村とかに水がいかなくなったり、

水が、せきとめられて

そこらじゅうが水びだしになって

まわりに生えている木が根元から腐り出したり、、、、

そもそも、ダムを作るために

木をたくさん、かじり倒したりもするので

なんか、それは、人間にとっては、あまり

良くないように思えたらしい。

 

 

なので、ブィーブァー達と人間達は

お互いの利害の違いにより

長い間、揉めていた。

 

 

ブィーブァー達が、ダムを作ることを法律によって

保護したりして

人間達がジャマしないように、ということになっている一方

ある時には、ブィーブァー達が人間達に

許可を取らずに

ひそかにダムを建設していたことに対して

それは違反だとして

ダムの建設の中止を

ブィーブァー達に命じたこともあった・・・

 

 

まぁ、いろいろあったのだ。

 

 

それで、最近では

ブィーブァーも、人も

みんな仲良くしましょうよ!、、、ということで

お互いの間の取り決めが、なんかできているらしい。。。

 

 

そして、その取り決めの内容には、

ブィーブァーとの交流を深めるため、ということで

ブィーブァーに会いに行く時に

彼らを驚かせたりしないように、

彼らの作ったダムや、巣に

爆発物を投げ込んではいけませんよ~、ということが

まず、書かれていて、

また、その上で、ブィーブァーとの仲を深めるために

事前に知っておくべき

彼らに関する豆知識として

ブィーブァーの美味しい調理法などが

列挙して書かれているんだとか・・・・

 

 

SH


ツウになる! ダムの教本

 

 

 

<関連する記事>

 

ビーバーは漢字で“海狸”、しかし海にも国内にもいない

 

<江戸>公共事業を業者は引き受けたがらなかった

 

 

 

<ビーバー ダム 公共事業 建設 建築 川 動物 法律 交流 ネズミ コミュニケーション 自然 環境問題 堤防 工事 裁判 判決>