おすすめ記事



高価な弁当の数え方は、“個”ではない?、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

高価な弁当の数え方が、ちょっと違う理由とは?

食べ物の匂いは、古き良きあの頃を思い出させるらしい

 

 

 

①高価な弁当の数え方が、ちょっと違う理由とは?

 

 

普通の市販の弁当、、、

まぁそこらの食料品販売店の惣菜売り場に並んでいる

弁当とかは、普通に、何個とかって数えますが、、、

 

 

なんか弁当専門の店とかで、ちょっと高いが、

そういうところで買った弁当っていうのは何折(おり)と

数えるらしいのである。

 

 

なにが違うのかっていうと、もちろん値段も違えば

入っている具材とかも違うのですが、

弁当の具材とかご飯が入っている、

入れ物が違うのである。

 

 

 

ちょっとした高級感のある弁当屋で使われている

弁当入っている箱っていうのは、折り箱とか言われていて、

なんかちょっと高価そうな紙を

折り曲げて作ったような物が使われています。

 

 

だから何折と、そういった弁当は

数えられることがあるのだそうで。

 

 

 

ちなみに具材とかご飯入っている弁当だけではなく、

なんか折り箱に別の食べ物とかが入っていても、

やはり何折と数えたりするのだそうで。

 

 

結局、入れ物なんでしょうか。

 

 

<関連する記事>

 

近所の弁当屋に車が突っ込んだ話

 

 

 

②食べ物の匂いは、古き良きあの頃を思い出させるらしい

 

 

なんというか食べ物の匂いを、たまたま嗅ぐことで、

あの若かりし懐かしい昔を思い出したりすることが

良くあるらしい。

 

 

なんていうかアレですね、

職場から帰ってくる途中、駅から降りて住宅街歩いていると、

なんかサンマ調理している匂いとかすると、

今はめっきり売られている弁当や惣菜ばかり食べる生活だが、

昔、学生時代とかは、部活終わって、自転車乗って帰ってきたら、

なんか家でサンマとかよく調理してもらっていたなぁ、、、とか

過ぎ去りし懐かしきあの頃にフト返ったりする。

 

 

今では家が賃貸で、まわりに部屋あって、魚の臭いが漂いますので、

今では、調理して、できたてを食べれません。

それに純粋にめんどい。

 

 

 

なんか商売とかでも、アレですよ、

店頭で、なんか餅を調理して醤油かけて、販売されていたら、

いい匂いを嗅がされてしまい

昔の正月とかフト思い出して、ついつい購入してしまうヤツ。

 

 

 

なんというか、どうでもいい話ですが、

昔、大学生の頃、

大学の近くにある食堂で300円出せば、

簡単な洋食出してくれるところあったのですが、

久しぶりにそこの店の前を通ってみると、(周辺に用事があったので)

なんかまだ店があって驚いた、ということもありますが、

なんか料理の臭いが、ダダ漏れであって、嗅いでしまい

ああ、そういや、ここで飯食べたなぁ、

混んでいない時間を狙って、1人で飯とか、

ぼぉ~としながら食べたなぁ、とか思い出したりして。

 

 

まぁしかし、しまいには、300円出すのが惜しくなって、

作ってきたオニギリとか、目玉焼きトーストとか、ラップに包んで、

大学まで持っていくようになるのですが。

 

 

誰も居ない休憩場所とか探して、パパッと食べたわ。

 

 

 

<関連する記事>

 

飲食店から出る匂いをオカズにしてたら訴えられた話

 

 

 

 

<由来 理由 起源 歴史>