おすすめ記事



偽札だと嘘をつき、お釣りを騙し取る方法、他

 

 

うろ覚えで、2記事、書きます。

 

 

目次

 

偽の紙幣を回収するように見せかけ、だまし取る方法

広げた紙幣の横に、硬貨がバランス良く乗るらしい

 

 

 

①偽の紙幣を回収するように見せかけ、だまし取る方法

 

 

なんか海外であった方法であり、

まぁ車であちこち広い地域をまわれるからこそ使える方法なんでしょうが・・・

 

 

うろ覚えで書く。

 

 

 

なんかちょっとした雑貨店を狙った方法で、

そこへまず客として、ちょっと目立つ服装とかで店内へ入ってきて

安いお菓子とかタバコを買うのであるが、

その時カウンターに出すお金は高額な紙幣を出すのである。

 

 

で、その時にどうでもいいことで、たとえば、

建物を探しているのですが、とかレジをした店員にきいたりするらしい。

 

 

そして、その後お釣りと品物を受け取って、店を出る。

 

 

 

・・・で、そのあと、ちょっと間をおいてから、

ポリメンを装った別の人が代わりに入店してきて、

今しがた、こんなヤツ入ってこなかったか、と

服装とか体型、どんな顔していたか、と店員に伝えて聞くのである。

 

 

そしたら、さきほど入ってきて道尋ねた人が

印象に残っていて、伝えられた容姿も合致していて、

ああ、さっきの人がぁ、、、ということを伝えるのである。

 

 

そしたらポリメンはあいつは、ここいらで偽札使いまくっているヤツで

いまそいつの捜査をしているんだ。

 

 

今し方そいつは、ここで偽の紙幣使ったでしょ、

それもって証拠として今すぐ追わなきゃいけないし、偽札は

一般人が持っていてはいけないので回収させてください。

 

 

、、、と、急いでいる振りして、

その先ほど支払われた高額紙幣を言われるがままに

渡すように請求されて、回収されてしまうのである。

 

 

 

しかし、これは先ほどの客も、ポリメン装った人もグルで、

実際には使われた偽札は普通の紙幣であり、

店側は、ちょっとした商品と、お釣りとして払ったお金を

そのまま持って行かれたことになる。

 

 

そういうのを広い範囲で、あっちこっちの地域を

またぎながら行っていたのが、昔いたとかなんとか。

 

 

 

贋札の世界史 (角川ソフィア文庫)

 

偽札百科

 

 

 

<関連する記事>

 

外国硬貨は両替できない?という話

(記事後半に書いてある)

 

和同開珎が普通に売られていて驚いた話

 

 

 

②広げた紙幣の横に、硬貨がバランス良く乗るらしい

 

 

なんか知らんが、紙幣の横に硬貨を

上手い具合に乗せる方法というのがあるらしい。

 

 

どんな紙幣と硬貨の組み合わせでもできるのかは知らんが、

とりあえず、なんか財布に中にあった、

ちょうどいい感じの硬貨と紙幣でやってみる

 

 

まずは、紙幣を90度に綺麗に折り曲げて、そこに硬貨を

いい感じに乗せてみる。

 

 

これを机の上とか、台の上でおこないます。

 

 

 

そして、両手で紙幣の端を持って、少しずつ慌てずに広げていくと、、、、

 

 

 

 

こんな感じで、完全に広げた感じでも紙幣の横にバランス良く、

最初に乗せた硬貨が落ちずにのるらしいです。

 

 

で、実際にやってみたのですが、私は下手なので上手くいかなかったので、

明日、この紙幣と硬貨は買い物で使用してきます。

 

 

 

で、なんか知らんが仕組みとしては、

紙幣を広げると共に、硬貨もなんかいい感じに動くらしく、

なので完全に広げきった時も、バランスがとれている形になるとか、

なんとか。

 

 

使う硬貨の製造年月日はどうでもいいが、

使う紙幣は、ピン札がよろしいとのこと。

 

 

 

新・世界貨幣大事典

 

 

 

<歴史>