おすすめ記事(スクロールできます)



大昔の食品偽装への刑罰は重かった話

どれがいいか

 

 

なんか暇だから、書いていく。

 

 

今から700年前の、どこぞの海外の地域の

食品に関する法律について。

その内容を。

 

 

売られていたりするパンに関しては

大きさとか、重さとか、なんか決められていたらしく

それなのに、ごまかして、それらを小さくしたり軽くしたりして

原価を安つけて、利益を不当に得ようとしたら

法律違反になった。

 

 

まぁ、そりゃ、そうだわな、パンはめちゃくちゃ大事だからな。

主食ですからね。

 

 

なんというか、国内で言えば、江戸時代とかで

米をはかるマス箱を小さくして、それではかって

米を何杯として売っていたりするような感じなのかね。

まぁ軽く詐欺だわな。

 

 

 

あと、魚とか肉とか、鮮度が落ちていたり

腐りかけの物とかを、ごまかして、なんとか消費者に売りつけようとしたり

飲食店でも「料理してしまえば分からねーよ」ということで

調理して客に提供したヤツラも

法律違反になった。

食品衛生法違反って感じなのかね。

 

 

 

まぁ、他にも細々とやってはいけないことがあったが、

とりあえず上記のような悪いコトしたようなヤツラには、当時はどうやら

ほぼ一律に、大体同じような刑罰を与えていたようだ。

 

 

どういう刑罰かというと、その時の上の気分次第であるが

大体、つながれて、台の上に立たされて、さらし者にされるか、

はたまた、しばりつけられて顔に水をぶっかけられるか

ひたすら水を飲まされたりした。

 

 

または、縛られた上で、みんなから「このヤロー、よくも騙したな~」と

石をひたすら投げつけられるか、

あとは、普通にめちゃくちゃ叩かれたりした。

 

 

( なんというか、最初の

さらし者として台に立たされるのが1番軽いとか、どんだけだよ )

 

 

 

食い物の恨みは、とても怖いということなのか、、、、

当時は食料品を売るにしても、

飲食店を営んで客に料理を提供するにしても

みんな告発されないようにビクビクしていたのだろうか。

あの店嫌いだから、ちょっと嘘の告発とかしてみようぜ、とか

そんな感じのことでもあったのではなかろうか。

 

 

 

パンに関しては、当時はまだ大量生産体制も

ととのっていなかっただろうし

過失であったのなら多少であれば見逃してもよかったのでは、と思うし

食材の鮮度に関しては、冷蔵庫や冷凍庫だってなかろうし

なかなか鮮度を保つには難しかったのではなかろうか?

 

 

それとも意図的に違反するヤツが多かったから

それらを規制するため致し方なしであったのであろうか?

 

 

う~ん、どうなだろう。

 

 

SH

 

 

 

<計量法 食品衛生法 歴史 中世 詐欺 拷問 さらし台 水責め 石打ち 投石 法律 違反 違法 外国 海外 食料 飲食店 食材 材料 鮮度 処刑 死刑 刑罰 偽装 食品 飲食物 食品偽装 偽装 不正 料理 調理 昔 大昔 地味 店頭 腐敗 買い物 客 消費者 見せしめ 刑法 購入 消費者 穀物 誤魔化す 食べ物>