おすすめ記事



素人が風景とか撮影した写真も著作権は生じる?

こだわり

 

 

“素人”のカメラマン(写真家)が撮影した

自然風景などの写真を

他人が、勝手に自分のブログとかに掲載したりしても

そういうのは著作権法違反にはならないのか?

というのが、今回の記事の内容。

 

・・・自然風景などを撮影しても

その自然風景自体は、著作物ではない、、、、

つまり、誰かが考えて作り出した物ではない。

が、しかし

そういうのを撮影した写真なんかは

はたして著作権(法)で保護されるのか?

 

また、それにそもそも、プロのカメラマンでも無く

素人の趣味同然で撮った写真なんかに

撮影者の独創性などが認められて

著作権が生じるのか?

弁護士さんに聞いてみた。

 

カメラじゃなく、写真の話をしよう

 

 

そして、弁護士さんいわく

たしかに自然風景は著作物ではないが

それを撮影した写真には著作権は発生する、、、とのこと。

 

つまり、その写真が無断転載とかされれば

ちゃんと著作権違反になるってこと。

 

とくに、自然風景の写真は

カメラマンが、わざわざ山や海などの現地まで行って

様々な撮影の仕方をするので

カメラマンの個性が写真に出やすく

その撮影したカメラマンの著作権が発生しやすい、みたいです。

 

あと、プロの商売でやっているカメラマンが撮った写真だろうが、

趣味でやっている素人のカメラマンが撮った写真だろうが

プロの肩書きの有る無しなどは関係なく

人に撮影された写真は、みな

著作物となり得て、

勝手にブログとかに転載されれば

著作権(・・・のうち、複製権)の侵害になってしまうでしょう、

みたいなことを言われました。

 

 

まぁ実際には、素人カメラマンが

商売のため(売るため)とかではなく

趣味として、自分の撮った写真を

自分のホームページ(HP)などのサイトやブログに

載せて公開しているのを

数枚、無断転載されたところで、、、、

たしかに著作権侵害には理屈上なりますが

警察は動かないでしょうよ、そんなことぐらいで。

転載された写真に営利性も無く、金銭的被害被害が無いですし。

というか、転載された写真の数が、数十枚、

いや100枚超えてても、取り合ってくれるか怪しい。

 

 

 

でも、警察はともかく

転載先のブログや、あるいは掲示板の運営とかに掛け合って

転載された写真を削除してもらうなり

転載した本人に警告してもらうなりの対処は

ある程度、可能だと思います。

 

刑事罰までは、あまり望める物ではないでしょう。

警察に行って相談したとしても

「著作権、何それ?」状態で、

良くても

「うん、調べて捜査しておくよ。進展があったら連絡します」

と言われて、ずっと放置されることが

容易に想像できる、、、、、という。

 

 

おすすめの本

 

SH

 

 

私は以前、親戚から「使わないから~」ということで

デジカメをタダ同然でもらったのですが

「スマホのカメラさえあれば私には十分だ」と思っていたので

全然使っていませんでした。

 

それに、あんまり、こう、おもむろに

ちゃんとしたカメラという物を持って、撮影とかしていて

もしも、そこが、たとえば人混みの中だったりしたら

肖像権の侵害が~、盗撮が~とか、なんだかんだ、と

言われたら嫌なので

引け目を感じて、持たない方がいいだろう、とも思っていました。

 

けれども、最近、近場の風景とか、キレイな写真として撮っておいて

残しておけば、あとから10年後、20年後見直したら

おもしろいんじゃないか?とか、思い始めた。

 

まぁ、近場の誰もいなさそうな

道路やら、川とか、田園風景を撮るぐらいなら

まわりの目も気にすることもないでしょう。

 

それにキレイに写真を撮りたいのなら

やっぱスマホじゃなくて、デジカメでしょう。

せっかく、もらった物だし使わなきゃもったいない。

 

 

 

<プロ アマチュア 風景 写真 著作権 著作物 撮影 カメラ>