客にとっては、たまたま食べた惣菜一品の味が全てだという話

 

 

どこぞの職場で、客先に出す大量の惣菜だかを

製造する会社で仕事をしていたのであるが、

よく上司が

 

「大量に惣菜作っていて、俺たちにとっては、

大量に生産・製造する内のひとつの

こんなちっぽけなパックの惣菜だけど(笑)

それを食べる人にとっては、その口にする惣菜一品が

すべてであり、それが適当に作られた物で

味が薄かったりまずかったりしたら

もう二度と、その人個人は、うちの会社の惣菜を

食べようとは思わないだろう・・・」

 

 

、、、とか言っていた。

 

 

 

まぁそりゃそうだ。

それが、そこの会社の評価のすべてでしょうよ、

その惣菜食べた人個人にとっては。

 

 

たまたま、その食べた惣菜だけが大量に作られた中の

たまたま不味いヤツだったとしても。

 

 

 

たとえば食料品販売店だかで、大量に店頭に並べられている惣菜の内

ひとつを購入して、駐車場で

自分の車の中でムシャムシャ食べたとして、

すこしでも「ウッ・・・」ときたら、もうこの惣菜だけは買わねぇ~、どころか

その購入してきた店自体で、飯買おうとするのは、ためらいますからねぇ・・・・

 

 

 

まぁしかし、そこの勤め先の会社では、

はっきり言って、そんな綺麗事を抜かしながらも

消費者のひとりやふたり、離れたぐらいで

どうってことないとか思いながら、テキトーに調理して、パック箱に

テキトーに惣菜を詰めていたんじゃないですかね?

 

 

たとえ失敗作でも、廃棄にするなんてもったいない

たかが一品ぐらい出来映えの悪い奴でも売ってしまおうとか

考えていたんじゃないですかね?

 

 

そう思えるくらいの味映え(も、見栄えも)だった、と思うのですが・・・ん?

 

 

 

それに従業員に対しても、正社員、パートさん、分け隔て無く

嫌ならとっとと今すぐ辞めていけば?

代わりはいくらでもいるから?

みたいな感じで、仕事に対して愚痴を少しでも言う人がいれば

追い出しにかかりましたし・・・・

 

 

 

とにかく辞めた今となっては、もう二度とそこの会社で作った

惣菜なんか食いたくも無いし、見たくも無いと思います。

 

 

というか、元勤め先の製造した商品なんか

辞めた従業員はもう二度と購入したいとなんか思わんだろ?

普通。

 

 

 

たとえば、どこかの食料品販売店で働いていて

そこでも、一応仕事の帰り際に、

「このお総菜好きなのよ~」とか

言いいながら、いくつか付き合い上購入していくにしても、

その後、帰宅途中に、

すぐに違う食料品販売店へ行って、

そこで大量に惣菜買って、それを家族の夕食にする人ばかりですから。

 

 

職場の商品なんか、従業員は、みんな大嫌いだ。

勤めていた時も、辞めた後も、ずっとね。

 

 

 

・・・・こんなクソマズイもん、人間の食べるもんじゃねぇ!!

 

 

まぁしかし無料で、余った物持ち帰っていいよ、というのならば

話は別ですが。

 

 

 

 

SH

 

 

 

<関連する記事>

 

激戦区にある過疎スーパーの惣菜や弁当は、意外と安くて美味い

 

割引惣菜を狙うヤツと田んぼのサギ鳥は変わらない

 

 

 

<食材 惣菜 評価 製造 食品 従業員 珠玉の逸品>