おすすめ記事



昔、暗殺を防止するために出された法律の話

ぎらるぃん

 

 

今から150年以上前くらいの話。

当時、お上が廃れていたので、

新しい時代に移り変わろうという動きがあり

地方の田舎とかから、都市部の町の方に

わざわざ出てきて

「世も末だから、都会の方で、流行に乗って、なんか活動しようかなぁ~」

という人達がいた。

 

 

そいつらが、まず都市部の町に出てきて

やったことと言えば

当時のお上の元で普通に働いていた役人達の暗殺である。

夜とかに、仕事からの帰宅中とかを狙って、道すがら待ち伏せして

通りがかりを突然

「パニッシュメント!」(天罰)ということで

バシュッと斬りつけたりしていた。

 

 

で、そういうことが相次いでいた時に

そこの町で出された法律には、、、

 

 

「 最近、とってもエライ人が住んでいる、

そのオヒザ元であるこの町で

いきなり人に斬りつけたりする、暗殺まがいの行為が相次いでいる・・・

なんてバチ当たりな、けしからん行為だ!

ふとどき千万。

これを防ぐためには、

まずは、もっと町の中の警戒につとめなければならない。

なので、町中にある旅館とかは、

そこに泊まっている人の中に、怪しいヤツなどを見かけたら

サッサと町の警察に通報すること!

 

・・・もしも、ソイツらをかくまったりしていて

あとでそのことがバレたら、ただじゃおかんぞ?

徹底的にしょっぴくからな! 」

 

 

、、、というようなことが書かれている。

 

 

まぁ実際に、地方から出てきた怪しいヤツラをかくまっていた旅館は

いくつかありまして・・・

そういうことが分かっているから

言っているんだろうかねぇ。

 

 

その他、町中では、

たとえば、とてもエライ人が住んでいる場所を

日頃出入りしている警備員が手に持っている

チョウチンのガラを、突然、全部変えてみたり、と

怪しいヤツが、もしも事前にチョウチンを入手していたとしても

それを使って忍び込めないように

警戒などもしていた。

 

 

まぁ、そんな中でも、ある時に

そこの町の中で、とあるエリート役人が

帰宅途中に、何人かの、フテイのヤカラに襲われて

やられてしまったことがあった。

 

 

その、やられてしまった人は、なかなかのエリートだったようで

すぐに、町のお知らせみたいな感じで

公布された法律には、

 

 

「 つい先日、エリート役人である、誰々が、町中でやられちゃいました。

犯人の目星は一応ついているのだけど

逃げられちゃったので

そいつらが、どんなヤツラだったのか

特徴をできるかぎり書いて教えますので

みんなで探して捕まえましょー! 」

 

 

、、、とか書かれていた。

 

 

どうやら、その後、そのカイあってなのか

無事に犯人は発見できたようでして・・・

 

 

とにかく、血の雨が降るような時でも

その町では、その町なりに

ちゃんと警戒はしていたみたいで。。。

 

 

それに、なによりも、途中からは

あの有名な、剣の強い人達を集めた、警備隊も

町に出てきましたからねぇ~

とりしまりは、後から、はかどったようでして。

 

 

 

<関連する記事>

 

昔スゴウデ警備隊が旅館に乗り込んだ時に出た法律

 

とある決戦場となった町で出された法律の話

 

 

 

<江戸時代 法律 都市 蔵匿 警備 幕末 明治維新>